紫外線散乱剤 BBクリーム

紫外線吸収剤とは、紫外線散乱剤との違い

紫外線散乱剤とは、日焼け止めに入っている成分のこと。

メーカーにとっては使い勝手の良い成分であり、開発コストを抑えることが出来る事から、今までは多用されてきた背景があるそうです。

しかし、敏感肌、肌の弱い方にとっては肌荒れ、赤みの原因になる事もあり、避けた方が良い成分として現在では紫外線吸収剤フリー(ノンケミカル)の日焼け止めクリーム、BBクリームなども多く販売されるようになっています

紫外線吸収剤がなぜ肌に負担をかけてしまうかというと、

「紫外線吸収剤は紫外線を肌の上で吸収。熱エネルギーに変えるという、化学的な反応を利用した日焼け止め成分」

であり、紫外線を熱エネルギーに変換する一連の流れで、化学変化を繰り返すうちに分子が壊れて分解してしまうのだそうです。

この時、分解された紫外線吸収剤の一部が肌に刺激のある物質として吸収されてしまうのだそうです。

これが肌には良くないのですね。

特に敏感肌やアトピーなどの方には避けて頂きたいと思います

紫外線吸収剤ではなくても紫外線はカットできる

紫外線吸収剤フリーであっても、高いSPFを出すことは可能なんだそうです。

紫外線散乱剤など、他の成分を配合することで紫外線を跳ね返し、カット。

紫外線は夏だけではなく、他の季節も1年を通して肌に刺激を与えています。

ですから、毎日の生活で必要な紫外線対策をするためにも、少しでも肌に優しいスキンケアをしてあげたい、という女性は多いでしょう。

紫外線散乱剤はより紫外線を吸収せず、より低刺激

敏感肌の方は、紫外線散乱剤の日焼け止めクリームなどを選ぶようにされる事をおすすめします。

屋外スポーツやレジャー、アウトドアなどでは、SPF30以上やPA++の高い数値のものを使う必要があります。

しかし、毎日の通勤であったり、ちょっとした外出など日常生活においては、SPF20以下、PA+でも十分紫外線を防ぐ事が出来ます。

いくつか肌に合う日焼け止めクリーム、BBクリームを見つけておいて、用途に応じて日焼け止めを使い分けると良いでしょう。

紫外線吸収剤フリーBBクリームを比較!おすすめランキング